住宅ローンは中古でも審査が厳しいのでしょうか?通らない理由とは?

マイホームの為に思い切って住宅ローンを申込みしたけど、金融機関の審査で落ちた方は少なくないのです。次に紹介する以下の点をまずは確認してみて下さい。

もしも年収200~300万円の方は難しいかもしれません。
それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。

 

公共料金などの支払いを忘れてしまったり、遅れると信用に欠ける人と判断されてしまい難しいでしょう。

全て確認して条件を満たしているという方は、今一度支払いがしっかり済んでいるか確認してみましょう。
何事もなく借入れをするためにきちんと調べておきましょう。自分の家を購入する事はあこがれでもあります。

 

ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。

現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。

住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。その理由として一番大きいのがやはり収入面です。住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。

と言われています。
ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。という事も重要なポイントです。

 

夢のマイホームを購入してから、それほど経たないうちに病気やガンにかかってしまった時は、どう対処すべきでしょうか。一般的には、自動で団体信用生命保険にも加入することになり契約をしているご主人が死亡すると、お金が振り込まれます。保証内容にガン保険が入っているものもありますが、種類によっては含まれないものもあるので気をつけましょう。

 

それに同じ保険でも診断された時点で支給されるものと、支給されるまでの期間が決められているものがあります。
一見高く見えるかもしれませんが、それほど大きな差は無いので万が一に備えて、検討しておく事をお勧めします。
住宅ローンの支払いを長い間していると多額の現金を手に入れる事もあるかと思います。その様な時は是非、繰り上げ返済を検討してみてください。繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとまった金額を返済する手法です。繰り上げ返済をすると、元のローン残金を減らす事が出来ますので、返済金そのものを減らす事ができます。元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。

繰り上げ返済をする時は無料な所と手数料がかかる銀行があります。住宅ローンはどこの会社で選ぶかということも迷うところですが、変動金利か固定かを選択しなければならないので難しいのです。

なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いので気になった時に、返済額を確認出来るという利点があるからです。

 

ですが、変動を選ぶと月々にかかるお金も一定でないためにあといくらローンが残っているのか明確な数字が分らないのです。けれども、比較的低金利といわれる時代のせいなのか全体の約40%の方が利用しているというデータがあります。

 

他の方がどのような選択をされているのかも一つの目安として、比較検討して納得できる方法を探せると良いですね。

住宅購入する際、支払いを1回で済ませる。

 

という方はまず、一般的には少ないでしょう。多くの方は銀行等から住宅ローンを借金するのが普通だと思います。

周囲で借金をする際、一番何が大変か?話を聞くと支払に関する答えが多いです。

 

支払は最長35年にもわたってし続けなければいけません。

金利の上昇等も気になるところですしまた、何が起こるかわからないのが人生ですから支払の途中に病気で入院。

という可能性もあり得ます。

なので、様々なリスクを考慮して購入を考えると良いでしょう。

住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えをご検討中の方もいらっしゃると思います。借り換えとは、他の銀行の住宅ローンを組み直す事です。借り換えをする事で、月々の返済が楽になるメリットがあります。

ですが、借り換えは誰でもメリットがある訳ではありません。理由は、借り換えにも多少の金額がかかるからです。

無料で借り換えOKという所はほとんどありません。

 

借り換えを検討する際はいろんな事も含め返済額に検討をつけられるシュミレーションを利用し借り換えをした場合メリットがでるのかどうか、事前に調べると良いです。